小鳥のさえずり、せせらぎを渡る風。"茶房 金木犀・工房 銀木犀" はこんな自然の中にたたずみます。
当店での展覧会情報を中心に、新商品情報やここで起こる日々の出来事を織り交ぜつつご案内してゆきます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by とまと
 
[スポンサー広告
9月になりました。今月のギャラリーは…








朝夕は涼しくなりました。茶房金木犀には心地よい風が吹き抜けています(*^_^*)
今月のギャラリーは、「向井じゅんこ」さんの作品展=どこか遠くへ=です。monotype版画を中心に、コンテデッサンやアクリルで描いたペイント等も展示されています。会場のレイアウトも、さすがだなあ、素敵な展示です。ぜひお誘い合わせの上ご来場ください!以下は今回の展覧会に向けての向井さんのコメントです。
****
近頃、私は霧に包まれた風景をテーマに描いています。「霧」は、みなさんご存知の通り小さな小さな水滴で出来ています。その一粒一粒がぎっしりと集まって厚い層となり、巨大な柔らかいベールとなり、広大な天地までもすっぽりと隠してしまう光景に、偉大な美しさを感じます。このたびの展覧会では、日常描いているコンテのデッサンを元に制作した、銅版画と、アクリル画18点を展示しています。銅版画の特徴である力強いエッチングの線を包み隠した、柔らかく風が吹くと飛んで行きそうなくらい軽い作品です。
****
福田とまと
スポンサーサイト
Posted by とまと
comment:0   trackback:0
[-
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。