小鳥のさえずり、せせらぎを渡る風。"茶房 金木犀・工房 銀木犀" はこんな自然の中にたたずみます。
当店での展覧会情報を中心に、新商品情報やここで起こる日々の出来事を織り交ぜつつご案内してゆきます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by とまと
 
[スポンサー広告
三月の金木犀ギャラリー案内
 
 大窓の向こうの花梅が満開となり、大分温かくなってきました。
 今月は森田歩武さんの油絵、『ayum絵画展』ーココロノムコウガワーです。(3/1〜4/6まで)

森田さんは、『額は窓になる/絵は窓から無限に広がる風景/ココロの向こう側へと続く静かな世界』と記していますが、彼の絵は不思議な、静かな祈りの世界へと引き込まれていきます。2011年の大震災を機に、栃木から大朝へと移住してきた森田さん。震災の経験と自然豊かな山里で学んだこととが作品に反映されているように思えます。額が手作りっぽく何ともいい味してますね‼︎

IMG_0006.jpg
スポンサーサイト
Posted by とまと
comment:0   trackback:0
[-
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。