小鳥のさえずり、せせらぎを渡る風。"茶房 金木犀・工房 銀木犀" はこんな自然の中にたたずみます。
当店での展覧会情報を中心に、新商品情報やここで起こる日々の出来事を織り交ぜつつご案内してゆきます。

今月の金木犀ギャラリーは版画家の向井陽子さん個展 Hiroshima landscape「そらのいろ・みずのいろ」です。
広島に育った作家が日々の生活の中で刻々と変化する空、水辺の風景、うつろう光と色を、豊かな色彩と和紙の柔らかな表情で表現した作品を展示しています。川のそばにある、緑に囲まれたくつろぎの空間でごゆっくりご鑑賞下さい。

Hiroshima landscape「そらのいろ・みずのいろ」
向井陽子

開催期間 8月1日~8月29日
定休日  火・水
※ 8月14日~8月18日は夏季休業とさせていただきます。

IMG_1765.jpg

IMG_1767.jpg

IMG_1768.jpg
Posted by とまと
comment:0   trackback:0
[-
'16 7月のギャラリー案内です。
- Garden Party -

金木犀の大窓からふと外を見やれば、小さいけれど真っ白い入道雲がくっきりと!まっ青な空と深い緑の山々との間にああついに梅雨が終わり暑い夏がやって来ました‼️皆さんお元気でお過ごしでしょうか?

今月の金木犀ギャラリーは、冒頭のタイトルのようにお花がいっぱい咲いている庭がメインです。その中には少女や猫、犬などが遊んでいます。何ともカラフルでMärchenティックな絵画でしょうか。これを80歳のご婦人が描かれたとはとても思えません。お伝えすると皆さん一様に驚かれます。年をとってもこんなファンタスティックな世界で遊んでいらっしゃる石橋月美さん、きっとこれまでいい人生を送られ、今とてもお幸せなんだろうな、なんてことを思いながら。

IMG_1705.jpg
IMG_1708.jpg
IMG_1709.jpg


Posted by とまと
comment:0   trackback:0
[ギャラリー案内
'16 6月金木犀ギャラリーは
 梅雨に入り、金木犀の庭の木々や花々が潤っています。アプローチのピオラが終わり、今年はミニペチュニアを植えてみました。さて???今まだ私の大好きな青い千鳥草が最後の力を振り絞って庭を彩ってくれています。名残惜しいなあ…

今月の金木犀ギャラリーは「田平 幸音 ワイヤークラフト展」です。安芸高田市吉田町で教室やhandmade shopー春*春ーを持っておられる田平さん。ワイヤーを自由に操られ、こんな繊細で可愛い素敵な作品が‼️ワイヤークラフトの世界に初めて触れました( ´ ▽ ` )ノ

IMG_1653.jpg

IMG_1651.jpg

IMG_1646.jpg


Posted by とまと
comment:0   trackback:0
[ギャラリー案内
'16 五月の金木犀ギャラリーは、
今月の金木犀ギャラリー は、コミュニティほっとスペースぽんぽんの「ぽんぽんアート展」です。今年で6回目となります。でも毎回違った人にスポットライトを当てていて新鮮です。今年は緻密で正確な表現が持ち味のH.K古志英隆さんです。写真のように、最近はねこや犬など身近な動物たちを描くことが増えたそうです。毛並みの一本一本緻密に描かれたこの絵、本人(犬)そっくりなんです!先日、本人(犬)が訪ねて来てくれたのでビックリしました。動物に対する彼の深い愛が伝わってきます。

『アートは自己表現の一つ。外からは見えない心の中を表現しているんです。』とNPO法人「コミュニティリーダーひゅーるぽん」の理事長川口隆司さんの言葉です。

コミュニティほっとスペースぽんぽん は、障害のある人たちが地域と関わりながら思い思いにアートを制作したり、作業をしたりする場です。ーるぽん」の理事長川口隆司さんの言葉です。

「コミュニティほっとスペースぽんぽん」は、障害のある人たちが地域と関わりながら思い思いにアートを制作したり、作業をしたりする場です。

IMG_1611.jpg

IMG_1608.jpg

IMG_1607.jpg
Posted by とまと
comment:1   trackback:0
[ギャラリー案内
4月の金木犀ギャラリー案内です。
今、茶房金木犀の対岸、ガラスの里の桜が薄紅色に染まっています。毎日お花見気分。さて、今月の金木犀ギャラリー案内をさせて頂きます。岡本卓博さんのterracotta展ー肌色を抱く女性たちIII 小品作品巡回展ーです。何とも艶かしい女体達の登場!作者のどこにこんな感性が潜んでいるのかしらん?
作者の言葉を少しご紹介します。

ーー「肌色を抱く」とは女性の美しさ・優しさ・温もりに共感し、女性たちの艶やかな魅力を一層効果的に示す言葉として、テーマに掲げています。女性の肢体をterracottaに焼成し、粘土の可塑性・風合いや色合いを生かし、肌の美しさ、丸みや豊かさを強調することで、内包する女性の生命力の剛さ逞しさをも表現しようとしています。ーー
ご来場お待ちしております。

IMG_1441.jpg

IMG_1443.jpg

IMG_1440.jpg
Posted by とまと
comment:0   trackback:0
[ギャラリー案内